ほんまでっか?TVに出演の武田邦彦先生が メディアでは報道されないニュースの真実を語るサイトをまとめました
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

「病院」が病気を作る時代

ニュース

「病院」が病気を作る時代

病院に行くなという本の出版が続いているが…

国民全体が健康であるためにどうしたらいいのか?
を考えるのと、
個人個人がどうしたら健康に生きれるかを考えるのは全く違う。

今の生活習慣を変えなければならないが
厚労省や医師会の医療は

簡単にいうと、個人は病気になっても構わないというけれど
国民全体の病気が減ればいいという方針だ。



これは、あたかも同じように見えるが全然違う。


血圧を例に挙げると
どこからもても健康である人を150万人のうち1万5千人を絞って
さらに健康な人に限定する。
その人たちの平均血圧をとると147
(ここでは、約150とする)

そこで、血圧は150以下がいいと訂正された。

その前は130以下だったのである。

この考え方は全然間違っている。

血圧が正常より高ければ、血管系の病気になりがちであって
例えば、脳出血などの原因になる。

ところが、血圧が正常より低ければ、
血の巡りが悪くなるわけだから、がんとか、認知症とか
熱中症とかいろんな病気になる。

当たり前だが、血圧は必要なものだから
血圧が低ければ低い方がいいのは間違い。

平均が150というのと

上限が150で150以下にしてくれというのは全然違う。


平均値が必ずしもその人にとって適正値ではない。

厚労省や高血圧学会というのは、縦割り行政だから
血圧と血管系の疾患だけをとると
血圧が低いほど安全という結果が得られるのでおある。


血圧とがん
血圧と認知症と考えると血圧が低いほうがまずい。
だから、どっちかなのだ。

「人の健康」という人間にとってもっとも中心的なところに手を付け、
厚労省、高血圧学会 降圧剤メーカーによって
膨大な利権をむさぼろうとするのだから、

そこには必然的に無理が生じる。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦 ニュース 報道 メディア 科学の真実 環境問題のうそ