ほんまでっか?TVに出演の武田邦彦先生が メディアでは報道されないニュースの真実を語るサイトをまとめました
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

長生きする人の特徴

ニュース

長生きする人の特徴
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

動物の世界を見ると、人間で言われている健康と大きく違うところがあります。

ひとつは「医療や栄養学が無くても健康で、
自分の死期を自動的に知って苦しまずに、恐れずに死に臨む」という特徴があります。
もうひとつは、「集団に寄与できなくなると、健康でも命を終わる」ということです。

また奇妙に思うことは、
人間に飼育された動物は同じ種類の野生の動物と違って、独特の病気にかかることです。

例えば「鳥インフルエンザ」がそうで、野鳥は原則として発症しません。
「家禽病」、
つまり「人間に飼われること」が病気の元になるという病気が多いのです。



つまり、人間が健康を害したり、寿命が短くなるのは、

1) 知識があるから、

2) ストレスがあるから、

3) 利己主義だから、

4) 調理しすぎだから、

と考えられます。

3)は動物界で共通のことで、寿命を決める健康状態とは個別の血圧とかの健康状態ではなく、集団に寄与しているかということで決まります。



哺乳動物では閉経後のメスやはぐれオスの寿命が極端に短いのは
「集団で貢献できない個体は健康でも死ぬ」ということを示しています。


幸い、人間の社会は複雑なので、いろいろなことで社会貢献ができます。
女性の場合は主としてお世話が有効で、
男性では社会の役に立っている人は大体は長寿です。


人間の場合、特にヨーロッパ文化は「個人が良ければ良い」ということですが、
人間を含めた多くの哺乳動物はそんなに簡単な運命を持っているわけではなく、
「個人より集団に貢献するほど長生きできる」というのが普遍的な原則のようです。


例えば、フィンランドなどの実験によると、
健康に注意している人ほどガンになるという例が出ているのですが、
もしかしたらこれは、自分の健康に注意すると何か集団としてのプレッシャーが来て、
それが知らず知らずのうちに自分の寿命に影響してくるのではないかとも考えられます。


「自分の健康」より「社会に貢献する」ことに重点を置く
「健康法」というのがあるのではないかと思います。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦 ニュース 報道 メディア 科学の真実 環境問題のうそ