ほんまでっか?TVに出演の武田邦彦先生が メディアでは報道されないニュースの真実を語るサイトをまとめました
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

一番嫌いな新聞はダントツあの新聞!!

ニュース

一番嫌いな新聞はダントツあの新聞!!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

マスメディアと呼ばれる媒体は、テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4種類。
その中でも長い歴史と格式などから、抜群の信頼性を誇ってきたのが新聞。

今でも記者教育や取材力などではマスメディアの中でも高い次元にあるが、
インターネットの普及や、時代に即したビジネスモデルの転換が遅れ、
販売部数や売上高では苦戦が続く。


また新聞が持つ格式や主張が、世間の反感を買い、
ネットで炎上の火種になるケースも少なくない。
また、新聞社は右寄り・左寄りといった社論があるため
、異なる立場の人からの批判が集まることも。


では実際、世の中はどの新聞を嫌っているのだろうか。
しらべぇ編集部は、
全国20?60代男女1,351名を対象に調査を実施。

「朝日/読売/毎日/産経/日経」の5紙から、もっとも嫌いな1紙を選んでもらった。

■男性は4割が「朝日」が嫌い

男性でもっとも票を集めたのは朝日新聞で、
全体の4割と圧倒的な結果に。
2位の読売とは約20ポイント、2倍近い差が開いている。


新聞社の代表格という存在感もあるため、新聞嫌い=朝日嫌いとなった可能性もあるが、
やや左寄りの社論などが世間から疎まれているとも考えられる。

不人気度で最下位の毎日は、単に印象が薄い・読む機会がないと考えられるが、
ビジネスマンがよく読む日経の不支持率が低いのは、納得できる。

■女性では「日経←→産経」が逆転

続いて、女性が嫌いな新聞ランキングを見てみると、
男性と比べて大きな変化はないものの...

・朝日新聞への拒否感がやや低い
・読売と並ぶくらいまで日経への拒否感が高い
といった特徴が見られる。

無料キュレーションサイト作成ツール「Dreamers」を使用すれば、
いま話題のおまとめサイト(キュレーションサイト)が、簡単に、しかも無料で作成できます。
キーワードを入力すると人工知能(AI)が、あなたが作成する記事に色々な画像や動画、ツイートを集めてきてくれるサジェスト記事作成機能も備わっており、誰でも簡単に、自分のサイトが無料で作れます。
記事のジャンルは、「旅行」「ニュース」「美容・健康」「ゲーム」「ノンジャンル」「ペット」「自動車」の7つがあり、それぞれのジャンルであなたのサイトを作ることができます。
このサイトもDreamers で作成しています。
Dreamersのお試し(無料)はこちらをクリック

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦先生のニュース、報道の真実のすべて
武田邦彦 ニュース 報道 メディア 科学の真実 環境問題のうそ